トップへ戻る(HOME)
アート看板
〒854-1122
長崎県諫早市飯盛町佐田869-2
TEL(0957)48-0900
FAX(0957)48-0968

会社概要(company) デザイン(design) 業務内容・看板の種類(contents) 施工例(case) ご注文・製作の流れ(process) お問い合わせ(inquiry)
業務内容・看板の種類
様々な看板
木枠看板、鉄骨枠看板、アルミ枠看板、アルミ複合プレート看板、カッティングシート(ステッカー・ウインドーディスプレイ)、車両マーキング、鉄骨広告塔、ステンレス看板、インクジェット校正・出力、電飾看板、箱文字看板(チャンネル箱文字、アクリル箱文字、亜鉛箱文字、ステンレス箱文字)、スタンド看板、壁面手書き看板(スレート、シャッター、外装板、コンクリート壁)、マグネットシート(ホワイト、黒板用グリーン)、幕看板(横断幕、懸垂幕)、銘板(ステンレス、銅、真鍮、鋳物)、立看板(布、テント)、その他の看板を製作。メンテナンス(蛍光灯替え、修理、清掃等)もいたします。
シャッター
壁面手書き看板

手書き看板は看板屋の原点です。 手書きは長年の修行が必要です。近年カッティングマシーン・インクジェットプリントが主流になり、手書きをする事が激減し、若い世代では習得が難しくなりました。
スレート、シャッター、建物外装板、コンクリート壁に筆で直接書きます。状況により、シャッターや外装板には、カッティングシートやインクジェットプリントで貼ることも出来ます。
木枠看板
木枠看板

フレームが木で出来ており、その上からカラートタンやアルミ複合板を貼ります。価格が比較的リーズナブルですが、フレームの耐久性が少し悪いです。
鉄骨枠看板
鉄骨枠看板

フレームが鉄骨で出来ており、その上からカラートタンやアルミ複合板を貼ります。サビがこないよう亜鉛メッキまでお勧めします。アクリル電飾看板のフレームとしても使います。 フレームの耐久性は良いです。
アルミ枠看板
アルミ枠看板

フレームがアルミで出来ており、その上からアルミ複合板を貼ります。アクリル電飾看板のフレームとしても使います。フレームの耐久性は良いです。
車両マーキング
車両マーキング

会社や商店の車にカッティングマシーンで切り抜いた文字を貼ります。カッティングシートの色落ちの耐久性は非常に良いです。インクジェットプリントを貼る事も出来ます。
鉄骨広告塔
鉄骨広告塔

ポールから看板本体まで鉄骨で出来ており、中・大型看板に良く使います。掘削から基礎・設置まで全てを行います。
ステンレス看板
ステンレス看板

案内板から、ポール誘導板、プレートとしても使います。仕上げ方としてヘアーラインとみがきがあります。表示面をカッティングシートやエッチングで表示します。
カッティングシート
カッティングシート

小さなステッカーからウインドディスプレイまでいたします。屋外用は色あせの耐久性が非常に良く各看板の表示に使います。また、短期用として内部用のカッティングシートもあります。
インクジェット出力・シャッター
インクジェット校正・出力

写真やいろんな画像を入れて看板面表示に使います。レイアウトの配置からプリント(出力)までいたします。耐久性を良くする為、UVラミネートをします。
シャッターやウインドディスプレイにも使用できます。最近需要がかなり多くなった商品です。
電飾看板
電飾看板

看板内部に蛍光灯が入っており、夜でも明るく飲食業に適しています。大型看板の広告塔にも使えます。
最近では電気代が安く高寿命の蛍光灯タイプのLEDもありますが、まだコストがかなり高いです。
箱文字看板
箱文字看板

チャンネル箱文字、アクリル箱文字、亜鉛箱文字、ステンレス箱文字の種類があり用途やイメージに合わせて選びます。
工事現場のスタンド看板
スタンド看板

木枠製から鉄骨・アルミ製まで多数あり、電飾用等要望に応じ選びます。
マグネット
マグネット

サイズはカットしますのでどうにでもなります。ホワイト、黒板用グリーンがあります。(色物もありますが、コストが高くなります)
会社の社名を入れ車に貼り、社名を出したくない時は外すことが出来ます。黒板用グリーンは、スチール黒板の工事名の部分に貼り付けます。
横断幕
幕看板

横断幕や懸垂幕があり、布地(短期)からテント地(中・長期)用途に合わせて選びます。
インクジェットプリント・テントカラーで手書きやカッティングシートを貼ったりも出来ます。
立看板
立看板

布、トタン、アルミ複合板、テント等多数あります。
いいもりよかとこまつり
その他

舞台看板から各種会議の式次第、ユポ紙垂幕(スローガン)や工事看板、工事黒板の工事名書き替えもしております。
 
トップ会社概要 デザイン業務内容・看板の種類 施工例ご注文・製作の流れ お問い合わせ ブログ
Copyright (C) Art Kanban Inc All Rights Reserved.